FXやバイナリーオプションにおける水平線の超簡単な引き方について解説

この記事は2分で読めます

FXでも、バイナリーオプションでも
水平線(レジスタンスライン)を引く事によって
より、期待値の高いトレードが出来たりします。

水平線だけでも、押さえておくだけで、
トレードの利益や勝率は全く何もしないよりかは
全然、違ってきますので、是非、参考にして下さいね。


 
どうも、たたきさんです。

株式投資でも、FXでも、バイナリーオプションでも
水平線を引く事によって、勝率や利益率というのは
全く変わってきますので、

是非、参考にして頂ければ幸いです。

 

解説動画

 

(右下の設定部分で倍速で視聴する事が出来ます)

 

解説記事

 

まず、下記の画像のように
①挿入にカーソル合わせ
②インディケータにカーソルを合わせ
③カスタムにカーソルを合わせ
④Zigzagをクリックします

 

すると下記のように表示されますので、
赤枠部分をクリックします。

 

下記のように
Zigzagの天井と底の部分に
ラインを引きます。

 

あとは、赤枠部分をクリックして
時間足を変えて、上記の画像と同じように
ラインを引いていく形になります。

 

下記の画像は4時間足チャートに
水平線を引いたものになります。

 

私のトレードスタイルは
デイトレ、スキャルピングがメインですので、
日足、4時間足、1時間足、15分足と水平線を
引いていたりします。

バイナリーオプションで1分トレードを
するのでしたら、5分足にも水平線を引くと
いいかと思います。

 

まとめ

 
これで、今まで、どこに水平線を
引いたら分からないという方でも、
簡単に節目となる水平線が引けると思います。

株でもFXでもバイナリーオプションでも
トレンドラインと今回、お話した水平線を
引く事によって、勝率は全く変わってきます。

あとは、基本的なダウ理論を押さえておくだけで、
勝率に関しては、7割以上はいけると思います。

 
ただ、勝率は高くてもリスクリワードが
しっかりしていないと、稼ぎ続ける事は出来ません。

例えば、利益が1回のトレードで10pipsなのに
損切が20pipsとか30pipsだと利益は出せない
という事ですね。

なので、エントリーした際に
必ず、どこでロスカットをするのか!?
という事を明確にしなければなりません。

まあ、水平線で反発を確認して
エントリーをするとしたら、水平線を突き抜けて
しまったらロスカットという感じに設定するのが
ベターだと僕は思います。

 
あとは、絶対に勝てる!
と確信を持てる所でのみエントリーする事です。

勝てないFXトレーダーさんって
よく分からない所でエントリーしている事が
多いんですね。

根拠を説明して下さい
と聞いてみても、なんとなく的な
エントリーというのが大半だったりします。

 
ですので、この記事を読んでいるあなたは、
根拠をしっかりと人に説明できるエントリーを
していきましょうね。

では!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たたきさんです

tatakisan 誤って、ブログ記事を全部削除してしまいました。 結構な商材を紹介してきたのですが、ツール系の商材は あくまでも、サポート的なものとして、使って欲しいと思います。

こちらのブログも出来るだけ更新して、 コンテンツも作っていけたらと思っています。 最近はFXよりもバイナリーオプションをメインに活動しています。

FXよりもより短時間」で大きな利益を出せるのがバイナリーオプション の魅力でもあります。

FX商材もいいのがあれば紹介したいと思いますので、 どうそ、宜しくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る