株ドカン 平田和生の評判,口コミと検証

この記事は3分で読めます

インフォトップにはFXを始め
投資系の情報商材が腐るほどあるのですが、
その中でもロングセラーになっているものに
平田和生さんの株ドカンという株の銘柄配信サービス
があります。

株ドカンは実際のところどうなのか?!
口コミや評判はどうなのか!?そして検証してみた
結果はいかに?!

 
どうも、たたきさんです。

インフォトップでロングセラーになっている商材に
株ドカンという、銘柄配信サービスがあるのですが、

果たして、その実力はどうなのでしょう?

 

平田和生さんはどーなのか?!

 
セールスレターには、
投資助言業の免許を持ってます!

と、ドカンと載せているんですが、
投資助言業を持っている=プロの相場師
という訳ではありません。

金融庁に500万支払いをし、
申請をすれば、誰でも投資助言業の免許を
取得する事が出来ます。

なので、平田和生さんが本物の相場師かどうか?!
というのは未知数だったりします。

 

仕手株情報について

 
私も昔、株取引をしていた頃に
自称仕手株屋さんと知り合いになった事があります。

ミクシィで、この銘柄が上がると
しょっぼい銘柄を推していた記憶がありますね(全然ダメだったみたいですが)

 
また、投資顧問サービスに入っていた時期が
ありましたが、推奨銘柄がまさかの痛い決算発表で
2日連続のストップ安という悲惨な状況になり、

完全にテクニカル人間になったという
ほろ苦い思い出があります。

 
投機筋が入っている的な情報は
個人の株式の保有率や出来高で判断していまして、
仕掛けています的な情報というのは、まず、入ってきません

ていうか、違法行為っすからね(´∀`;)

なので、株ドカンの仕手株情報なんてのも、
別段、優れた情報という訳でも何でもないんですよ。

 

無料お試し期間の罠

 
この商材は14日間の無料お試し期間というのが
あります。

これが結構曲者でして、
14日間の間に完結する取引がないんですよね。

 
配信頻度も低く、
一回の銘柄の保有期間も中長期になる事から、
無料お試し期間中に銘柄を保有してしまうと、

その後の情報を得る為に、
仕方なく、有料期間に移行するという訳です。

 
更に、有料期間への移行というのが、
解約をしないと、自動で契約してしまうという
痛い仕組みになってまして、

知らず知らずのうちに有料期間に
入ってしまったというケースが多いみたいです。

月額29800円と、決して、安い金額ではありませんので、
この辺りは、なんらかの案内なりをするべきじゃないかなーと、私は思いますね。

 

実際の情報は?!

 
配信される銘柄は、割と普通という感じです。

そんなにリスキーな銘柄を配信する訳でもなく、
私からしたら、この程度の情報で月29800円は
高くね?!

という感じですねー。

 
株ドカンで、一番、問題なのは、
エントリータイミングです。

 
指示通りのタイミングでエントリーすると、
大概、ロスカットに引っかかります(´∀`;)

推奨株価に到達する事自体が少なく、
はっきり言ってしまいますと、全くの素人が
情報を鵜呑みにして、取引すると痛い目に合います。

ですので、銘柄情報が来ても、
すぐに飛びつくのではなく、一定のテクニカル分析を
した上で取引する必要があります。

 
つまるところ、チャートを見る力は必須なわけで、
株ドカンの情報だけで、そんな力は身にはつきませんし、
何より、ホントにプロなんですか?!

と言わんばかりの下手っぷりです(´∀`;)

 

評価はいかに?!

 
まあ、ここまでのお話で、
株ドカンは、とてもではありませんが
おススメは出来ません。。。

これは、私の持論ですが、
株取引において、銘柄は割とどーでもいいんですよね。

優良な銘柄なら株価が上がる
という訳ではありませんし、

どーしよーもないボロ銘柄でも、
上がる時は異様に上がりますし。。。

 
これから、株を始めてみよう!
と、思うのでしたら、日経225銘柄で
優良な銘柄を絞って、取引するのがベストかと
私は思います。

出来高の少ない新興株なんかは、
初心者の頃は触るべきではないですし、
無理に新興株を取引しなくても、利益を
出す事は可能ですので。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たたきさんです

tatakisan 誤って、ブログ記事を全部削除してしまいました。 結構な商材を紹介してきたのですが、ツール系の商材は あくまでも、サポート的なものとして、使って欲しいと思います。

こちらのブログも出来るだけ更新して、 コンテンツも作っていけたらと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る