FXのスキャルピング 手法は最も難易度が高いと思う

この記事は2分で読めます

最近は、1分だとか1秒とかを売りにした
FXのスキャルピング手法の商材が出まくってますが、

私、個人の考え方なんですが、
FXって、トレードにかける時間が
短くなればなるほど、難易度は高くなるんですよね。

必然的に損切りの回数も増えますし、
簡単とは言えない手法だったりします。

では、スキャルピング手法は勝てないのか?!

という事について、私独自の見解で
お話したいと思います。

 
どうも、たたきさんです。

最近は、より短時間で簡単に実践出来て
稼げまっせー的な商材ばっかりなんですが、

そんな甘い話はない訳でして、
特にスキャルピング手法をメインにしたものになると
大概、ボコスカにやられてしまいます。

かく言う私も、たまーにスケベ心が出て
よく分からんポイントでスキャルピングを
しようとして、結局、ロスカットするという
事をやらかします(酔っ払ってる時)

最近は、1分だとか1秒とかを売りにした
FXのスキャルピング手法の商材が出まくってますが、

0私、個人の考え方なんですが、
FXって、トレードにかける時間が
短くなればなるほど、難易度は高くなるんですよね。

0必然的に損切りの回数も増えますし、
簡単とは言えない手法だったりします。

 
じゃあ、スキャルピング手法はダメなのか?!

と、言われますと、そういう訳でもなく、
ちゃんとチャート分析をすれば、スキャルピング手法
というか、結果的にスキャルピングになってました

的なトレードは可能になります。

 
短時間の取引だから、
1分足や5分足チャートをメインに
トレードをしがちになるんですが、

チャートというのは、時間足が長くなればなるほど、
テクニカルが有効になってきます。

1分足より5分足

5分足より15分足

15分足より1時間足

いやいや、やっぱり日足でしょ?!

という感じに、長い時間足になればなるほど、
テクニカル(サポートラインなど)は有効になります。

 

↑こんな感じで5分足では機能してないラインでも

 

↑1時間足では機能しやすくなります

 
例えば、4時間足の押し目で止まっているのを確認し、
1時間足、15分足チャートを見て、

そのポイントでどのようにローソク足が
形成されているのか?!

もし、4時間足の節目付近で
1時間足、15分足チャートが反発したら
エントリーという感じになります。

 
こー書いてしまうとスキャルピングというより
デイトレに感じるかもですが、

私は、結構なビビりなんで、
5分足の節目で決済

つまり、結果的にスキャルピングになってしまった
というのがあるんです(最近はスイングもやってますが)

こんな感じで、FXのスキャルピング手法も
短時間のチャートだけでなく、長い時間足チャート
を観る事で、勝率は安定してくる訳です。

私の場合、日足、週足チャートも毎日
必ず、一回は目を通しますからねー。

 
結論を言いますと、順張りでも逆張りでも、
長い時間足チャートを観る事で、
スキャルピング手法も安定した勝率を
残していけるという訳です。

 
ただ、最初にもお話しましたが、
スキャルピングはFXの中では最も難易度が高い手法
である事には違いはないと私は思っています。

ですので、これからFXを始めようという方なら、
まずは、日足チャートからチャートを読む力をつけつつ
最小単位のロットでスイングトレードから始める事を
オススメします(但し、重要指標のある日は避けて下さいね)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たたきさんです

tatakisan 誤って、ブログ記事を全部削除してしまいました。 結構な商材を紹介してきたのですが、ツール系の商材は あくまでも、サポート的なものとして、使って欲しいと思います。

こちらのブログも出来るだけ更新して、 コンテンツも作っていけたらと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る