FXのチャートパターン分析の重要性と見方についてカタルシス

この記事は2分で読めます

FXにおいて、チャートパターン分析
非常に重要な事で、これなくして、FXで
勝ち続ける事はほぼ不可能と言えます。

今回は、そんなチャートパターン分析について、
代表的なパターンと、その見方について
まとめてみましたので、是非、参考にして下さい。


 
どうも、たたきさんです。

FXをやる上で、絶対に知っておいて欲しい事の
一つにチャートパターン分析というのがあります。

一言にチャートパターンと言っても
沢山の種類のものがありますが、今回は
その中でも、特に代表的なものについて
お話したいと思いますので、是非、参考にして下さい。

 

ダブルトップ

 
ローソク足の並び方がM字型になる
パターンで非常によく出現します

 
下記の画像のように
あらかじめ直近高値に水平線を引いておくと
反発を確認してすぐにエントリー出来
かつ、下値をブレイクしなかった場合でも
利益になります。

 

ダブルボトム

 
先程のダブルトップの逆バージョンですね。

ローソク足の並び方が
W字型になる事からダブルボトムと
言われています

 
こちらも直近の安値に水平線を引くと
分かりやすいかと思います。

ちなみにダブルボトム完成は
直近高値をブレイクした段階で
ダブルボトムが完成します。

 

三尊天井

 
主に高値付近で出現する
ローソク足の並び方で、勿論、この逆の
底バージョンもあります

ポイントは3つの山の形を形成するのですが、
真ん中の山が最も高く、最後の山が真ん中の山より
小さい事がポイントになってきます。

 

基本は罫線を引く事

 
罫線とはトレンドライン、レジスタンスライン
とも呼ばれるもので、主に相場のトレンドを
線(ライン)を引く事で視覚的に捉えるものです。

どのテクニカルでもそうなのですが、
罫線が引けるのと引けないのとでは、
トレードの質は大きく変わってきます。

 
罫線の引き方については、
動画でお話しした方が分かりやすいと思いますので、
動画を作成してみましたので、是非、参考にして下さい

 

(右下の設定部分で倍速で視聴する事が出来ます)

 
この罫線を引く事によって、
ブレイクアウトや、三角持ち合い
のような形が出来上がったりします。

 

罫線を自動で引いてくれるインジは後だしジャンケン

 
トレンドラインを自動で
引いてくれるMT4インジケーターは
腐る程、あります。

最近、リリースされたイサムデルタFX
なんかも、おそらく、海外の罫線を自動で
引いてくれるインジケーターをいじったものと
思われます。

一見、便利で楽そうに思える罫線インジケーターですが、
その大半は後出しジャンケン的にラインを形成するものです。

よく、何で、ここでエントリーしなかったんだろう?

と思う事はありませんか??

 
それは、罫線自体が後出しジャンケン的に
表示されるので、その瞬間には何もない状態だからなんですよ。

故に、自動で罫線を引いてくれるインジケーターは
その大半が役に立たないという現象が起きる訳です。

 
一番、最強なのは、自分でトレンドラインを
自由自在に引けるようになる事

更に言ってしまえば、
パッとチャートを観た瞬間に
いちいち罫線を引かなくても
頭の中で罫線が自動で引かれている状態になる事です。

頭の中でトレンドラインを自由自在に引ければ、
極端な話、MT4なんてなくてもFXで勝つ事は
可能なんです。

実際、私もスマホでトレードする事が多いですからね(笑)

 
勿論、そんなにすぐに脳内でトレンドラインを引けるように
なれる訳ではありませんので、日ごろからスマホでもいいので、
トレンドラインを引く癖をつけましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たたきさんです

tatakisan 誤って、ブログ記事を全部削除してしまいました。 結構な商材を紹介してきたのですが、ツール系の商材は あくまでも、サポート的なものとして、使って欲しいと思います。

こちらのブログも出来るだけ更新して、 コンテンツも作っていけたらと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る