プロフェッショナル・トリガーFX(プロトリFX)の検証 レビュー 評判 口コミなど

この記事は2分で読めます

ドラゴンストラテジーFXやブラックAIストラテジーFX
でおなじみのグローバルロイズさんが、

プロトリFXこと、プロフェッショナルトリガーFX
なる商材を販売するとの事で、

プロフェッショナル・トリガーFXは
果たして使えるのか?!

検証レビューしつつ、評判や口コミを
まとめてみました。


 
どうも、たたきさんです。

ドラゴンストラテジーFXやブラックAIストラテジーFX
などの商材をリリースしてきたグローバルロイズさんの
新商材ですが、

今回も、ドラステFXと似たような
ツール系の商材になっていますね。

 

解説動画

 

(右下の設定部分で倍速で視聴する事が出来ます)

 

解説記事

 
動画の方で、かなりネタバレ的な暴露を
しまくったつもりなのですが、復習と、より
分かりやすい解説を

という意味で、記事も書きますね。

まず、プロトリFXで使用されている
上下の抵抗線みたいなバンドですが、

こちらは、ボリンジャーバンドの数値を
いじくったものになります。

upとdownみたいな二つのバンドで
形成されるのですが、この二つを組み合わせると
ドラゴンストラテジーFXの三種の神器である
ドラゴンバンドと同じものが出来上がります。

え⁈

それじゃあ、ドラゴンストラテジーFXと
同じじゃん?!

と、思われるかもしれませんが、
ロジックやサインの出現パターンから
ドラゴンストラテジーFXとは違うもの
と言えるかと思います。

サブインジには、RCIを使用していますが、
サブインジに関しては、私的にはどっちでも
いいかな?

というのが本音です。

加えて、矢印サインも
使わなくていいかな?

とも言えます。

どうしても、矢印サインのインジは
タイミングやら、ロジックのベースとなるものから、
使いにくいものばっかりなんです。

ドラゴンストラテジーFXでも
やたらと矢印サインが出ていましたが、
裁量抜きで機械的にサインが出てしまいますので、
現状の技術では、

裁量ありきに比べたら
矢印サインみたいなインジは
使えないかと思います。

後日追記予定

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

たたきさんです

tatakisan 誤って、ブログ記事を全部削除してしまいました。 結構な商材を紹介してきたのですが、ツール系の商材は あくまでも、サポート的なものとして、使って欲しいと思います。

こちらのブログも出来るだけ更新して、 コンテンツも作っていけたらと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る