FXテクニカル分析は複雑にしない方がいい理由がいい

FXだけでなく、株式投資、仮想通貨でも
テクニカル分析は避けては通れない関門なのですが、

このテクニカルを複雑怪奇にしている人や
そもそも論として、テクニカルの意味を理解せずに
チャートにインジケータを表示させている人がいますが、

テクニカル分析は避けては通れない関門なんですが
複雑怪奇にしてしまうと、ドツボにハマってしまいます。

今回は、そんなテクニカル分析について
お話ししたいと思います。

FXもここ10年位でかなりポピュラーな
投資商品になってきたと思います。

最近ではYouTubeやふわっち、ツイキャスなどの
動画配信サイトでもFX配信がはやりつつあります。

そんな中で、色々な人のFXトレードを見ていて
んー??

と思う事がありました。

それがテクニカル分析が非常に複雑な事です。

MT4の普及によりさまざまなインジケータが
出てきて、それを使用する人が増えた訳ですが、
とにかく便利!

という事であれやこれやとインジケータを
ぶっこんでいる人がいます。

確かに、1つのテクニカルよりも
2つのテクニカルで根拠があってエントリー
した方が上手くいくケースはざらにあります。

例えば、ボリンジャーバンドの1σと
移動平均線が重なる所で反発したので
エントリーという感じで。

それはそれでいいのですが、
これにチャネルラインやら水平線
一目均衡表やら、とにかくたくさんの
インジケータを入れてというのは
ちょっとどうなのかな?

と私は思います。

そもそも、沢山のインジケーターを入れて
それら全ての癖を理解しているのか??

というのが疑問なのです。

更に、沢山インジケータを入れてしまうと
より大きな利益がとれたのに、

あ!ここで反発したから利確しとこ!!

というように、薄利で終わってしまう
ケースすらありえるのです。

大事なのは、使用するテクニカルやインジケータを
どれだけ理解しているか??だと思います。

移動平均線1つだけでも
勝てる人は勝てますし、中には
全くインジケータを入れないという人もいます。

ボリンジャーバンドがあれば他は
何もいらない!!

というように1つのテクニカル、インジケータを
徹底的に理解して癖を利用できるようになれば
トレードの成績というのは必然的に右肩上がりに
なっていきます。

ボリンジャーバンドの癖や手法について
コチラの記事も参考になりますよ↓↓

ボリンジャーバンドとは?設定方法と見方・使い方を徹底解説

まあ、色々なテクニカル分析を勉強して
検証してみる事自体は悪い事ではなくいい事ですので
検証という段階ではいいとは思いますが、

とにかく成績が安定するまでは
1つのテクニカル分析を研究する事を
オススメします。

コメントを残す

おすすめのFXブログやで。

この人、すごい人です。実力派知人FXトレーダー。
→ ナオトさんのFXブログ